月刊レッドサポート

適格請求書発行事業者の登録申請                   

令和5年10月1日からスタートする消費税のインボイス制度については、これまでにも何度かこの紙面で取り上げていますが、今回もまたインボイス制度に関する内容を取り上げさせていただきます。

 最近のことですが、ある日、税務署から事務所に電話が入りました。電話の内容は『関与先様に対して、適格請求書発行事業者の登録申請をできるだけ早期に行なうよう案内してください』とのことでした。

 適格請求書発行事業者の登録申請は、令和3年10月1日から開始されており、原則として令和5年3月31日までに提出が必要とされていますが、現在でも登録申請が進んでおらず、期限間際に申請が殺到することが予想されることから、上記のような電話をしているのだそうです。

 ところで、『適格請求書発行事業者』とはいったい何者なのか、しっかりと理解できていますでしょうか?

 「適格請求書=インボイス」ということで、インボイス制度開始後は『適格請求書発行事業者』でなければインボイスを発行できない、つまり消費税を請求できないこととなってしまいます。

また、『適格請求書発行事業者』の登録申請をするためには、消費税の課税事業者であることが条件となっています。したがって、免税事業者についてはインボイス制度の開始により収入が大きく減少することが予想されます。

現在、自社が免税事業者である場合はもちろんですが、取引先(外注の職人さんなど)に免税事業者がいる場合も早急に対策を検討する必要があります。これまでと同様の取引を継続していくのであれば、取引先に課税事業者を選択することを働きかけるようなことも必要となってきます。

残された時間はそれほど多くはありませんので、少しでも不安に感じることがあれば気軽にレッドサポートの担当者にご相談ください。

理事 岩崎 隆昭

過去分をご要望の方は事務所へご連絡ください

お問い合わせ
バックナンバーはこちらと